ひざ下脱毛の期間と毛周期の関係性

露出する季節が近づいてくると足のムダ毛が気になってきます。
毎日自己処理するのも面倒です。
脱毛して毎日楽に綺麗になりたいと願う方も多いです。

ですが、初心者にとっては脱毛がどのようにされるのか
どれぐらいの期間がかかるのかわからないのが現状です。
ここではひざ下の脱毛と毛周期の関係について詳しく述べていきます。

まずひざ下の範囲ですが、すねとふくらはぎまでのことを言います。
期間は1年に6回のペースで通うのが一般的だとされています。

脱毛と毛周期

脱毛には毛周期がとても関係してきます。
毛周期とは毛のサイクルのことです。
毛周期には成長期、退行期、休止期の3つのサイクルに分かれています。
ひざしたに限らず全身脱毛をするときは毛周期を考慮して施術するのが基本です。

成長期

成長期とは毛母細胞が細胞分裂を起こすことで、毛穴の中に毛を造りだしていきます。
毛細血管から養分を取り込んで毛が成長していきます、
成長期が長ければ長いほど毛は成長していきます。

退行期

退行期とは毛の成長がとまり毛が抜けやすくなる時期のことです。

休止期

そして、休止期は毛母細胞の働きが止まり次の成長期のために
休んでいる時期のことです。

ひざ下の毛周期は個人差がありますが、1ヶ月から2ヶ月のサイクルと言われています。脱毛が可能なのは成長期のときだけだとされており退行期や休止期には効果がないとされています。
また、1回の脱毛ではすべての毛が脱毛できるのではないのです。
なぜなら今生えている毛は全体の30%だと言われており、
すべての毛を脱毛しようと思うと1ヶ月から2ヶ月おきにすることで
効果が得られるとされています。

COPYRIGHT© 2014 両ひざ下脱毛の基礎知識とメリット ALL RIGHTS RESERVED.